CocoaOSC
2013年11月08日

これまでライブでの iPad <-> Mac
の通信にはOSC-Kit-Macというライブラリを使ってて、これがUDPベースだったんで、どうもパケットがロストすることが多い様子。
ということで、やはりTCPできちっと全部届くようにしないといかんな、ということでCocoaOSCなるライブラリを導入してみた。
それで実験してみたのだけど、送る方はできてるっぽいが受信がどうもうまいこといかない。OSC-Kit-Macの時も受信はけっこう大変だったので・・・、やはりいろいろ試行錯誤するしかないのかな。
もっと簡単にできないもんでしょうかね。
posted by Yokemura at 00:10 | 日記